キャッシングサービスを利用する目的は

今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!はこちら

キャッシングサービスは、お金を貸し付けてくれるサービスのことです。キャッシングは消費者金融がよく使っていますが、キャッシングそのものは現金を意味しており、クレジットカードや銀行などでも同様にお金を貸し付けるサービスでキャッシングという言葉を使っています。
キャッシングサービスを利用する目的はその人によって変わってきますが、代表的なのが給料日前に不足する生活費を補うために借り入れを行うというケースです。また大きな買い物などで急にお金が必要になった場合などに利用する人もいますし、入金のあてがあってつなぎでキャッシングで現金を借りるといった人もいます。
しかし、キャッシングの多くは非常に高い金利が設定されており信用力の低い人からすれば年率で18%程度の金利を支払う必要があるなどお金を借り入れる手段としては不利な方法といえます。特に無計画に高金利のサービスを利用すると返済そのものが困難になるリスクがあります。このため多くのキャッシングサービスでは短期間の借り入れを目的に利用する人がほとんどです。
一方で、高金利というイメージがあるキャッシングサービスですが、その内容は提供する業者や商品によって異なり、極めて低い金利で融資しているところもあります。この場合には高い信用力が必要ですが、金利が2%前後のところもあり、目的ローンを利用するよりも低金利で借り入れができるメリットがあります。
またキャッシングサービスでは、契約を結んでいれば限度額内であればいつでも借り入れができるメリットがあり、煩雑なローン手続きを省略して商品を購入するといったさいにも利用されます。